ザ・オーケストラ オーケストラの編成や楽器の種類、プロオーケストラ、アマチュアオーケストラ、指揮者、コンサートの楽しみ方、オーケストラを支える裏方の仕事まで、オーケストラの魅力がぎっしり詰まったサイト。 このサイトでオーケストラのすべてがわかる!

ザ・オーケストラ

 Home | rink | Mail | Sait map 


  HOME紀尾井ホール室内管弦楽団 第110回定期演奏会 ミュトスとロゴスⅠ「四つの気質」



ORCHESTRA NEWS



紀尾井ホール室内管弦楽団 第110回定期演奏会

ミュトスとロゴスⅠ「四つの気質」


 




日時:2018年2月9日(金)19:00開演

     2018年2月10日(土)14:00開演

■会場:紀尾井ホール

出演:

ライナー・ホーネック(指揮),

小川典子(ピアノ),

紀尾井ホール室内管弦楽団

曲目:

シューベルト:ヴァイオリンと管弦楽のための小協奏曲ニ長調 D345

J.シュトラウス父:ワルツ 「四つの気質」

ヒンデミット:独奏ピアノと弦楽のための主題と変奏「四つの気質」

シューベルト:交響曲第5番変ロ長調 D485

チケット:

S席 6,300円 A席 5,250円 B席 3,650円 学生優待A席 2,000円 
学生優待B席 1,500円


お問合せ:

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061


ライナー・ホーネック(指揮・ヴァイオリン)

1961年オーストリアのネンツィング生まれ。7歳よりヴァイオリンを始め、ウィーン国立音楽大学に学ぶ。1978年ウィーン・フィルよりカール・ベーム基金の奨学金を授与。1981年ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第一ヴァイオリン奏者として入団、1984年には同歌劇場管のコンサートマスターに、1992年にはウィーン・フィルのコンサートマスターに就任した。
また、オーストリアはじめヨーロッパ各地、日本、アメリカなどでソリストとして活躍。マリス・ヤンソンス、ダニエレ・ガッティ、リッカルド・ムーティなど名指揮者たちとともにウィーン・フィルでソリストとして登場している。
録音では、小澤征爾やティーレマンの指揮のもとウィーン・フィルでのコンサートマスターとしての録音のほか、チェコ・フィルとの協奏曲の録音、シューベルトのヴァイオリンとピアノの全作品、モーツァルトの協奏曲集などがある。室内楽にも意欲的に取り組み、1989〜1999年ウィーン・ヴィルトゥオーゼンの創立メンバー、1982〜2004年ウィーン弦楽ゾリステンのリーダーとして活躍、2000年以降は、アンサンブル・ウィーン、ウィーン・ベルリン室内管弦楽団でも活発な活動を行い、多数のラジオ、テレビ出演、CDも多くリリースしている。ジェシー・ノーマン、キャスリーン・バトル、アンジェリカ・キルヒシュラーガー、ホセ・カレーラス、アンドレ・プレヴィン、ユーリ・バシュメットらと長年に渡り共演を重ねている。近年は、指揮としても、名古屋フィルハーモニー交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ東京、読売日本交響楽団、マルメ交響楽団などに招かれている。2017年4月より紀尾井ホール室内管弦楽団首席指揮者に就任。使用楽器:1725製ストラディヴァリウス“Chaconne,Hammig” (オーストリア国立銀行の貸与による)
(紀尾井ホールHPより)


小川典子(ピアノ)ウェブサイト


 






ピアノ発表会ヒントあれこれ| 吹奏楽・ブラスあれこれ|合唱・コーラスあれこれトランペットあれこれ
クラシック音楽情報リサイタルの開き方もっと知りたいクラシック吹奏楽・オーケストラの楽器 |初めてのクラシック